事前に電話をして

引越しの荷物の積み残しについて紹介したいと思います。荷物がトラックに積み切れなかったということはちょくちょくある問題といってよいでしょう。その原因としては、最近多いインターネットを利用したオンライン見積もりが理由になっていることが多いみたいです。なぜインターネットの見積もりを利用すると、荷物の積み残しの引き起こしてしまうのかといいますと、依頼者が入力をした荷物の量が記入漏れがあることも多く配車された引越業者のトラックに載せきれなくて、積み残しが発生してしまうという場合が多いようです。依頼者の責任として、積み残しが起きてしまった場合は、追加の費用を払ってそれを運ぶことにもなりますので、そのために、見積もりをしてもらった時には必ず、積み残しが起きてしまった場合どうやって対処をするかについて聞いておくと、いいのではないかと思います。もしも訪問見積もりをしていて、積み残しの荷物が発生してしまったというケースでは引越し業者の責任になると思いますから引越し業者側で責任もって荷物を運んでもらう必要があります。このように積み残しが起こってしまい、それが業者との間でトラブルになるならそれは悪質な引越し業者であった、そういうこともあるかもしれません。一般的に、ちゃんとした引越し会社なら引越には予期せぬこともつきものなので対処はしてくれるのではないでしょうか。
引越しをするその日の作業は、引越し業者の人が主にやってくれますが、私達は何もしなくてもいいというわけではありません。まずは、引越し業者の人に必要な指示をすることで、引越し作業が効率よくにできるようになります。特にば大物の家具などは作業前を始めるに、配置する場所を図にしてしっかりと説明しておけば、引越し業者も運搬の順番などを考えて作業をすることができますし、また、配置図を準備しておくというこのまではしなくても、現場で配置を指示してやることによって効率よく作業が進みます。引越しの当日は引越しがスムーズに進むように、先に、大まかな当日の作業予定や終了時間確認、引越しのトラックの駐車スペースなどの確認をしておけば作業もスムーズに進むと思います。万一特殊な荷物を持っていく場合には、引越し業者に前もって聞いておいてその引越し業者で対応できなければ、他の業者に頼まなければいけませんからそちらも引越しの当日までに手配しておく必要がありますね。引越しの当日は運んでもらえばそれで終わりだと思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはなく、引越しのその日もスタッフにいろいろと指示を出したりといったように、引越し作業がはかどるように自分達でも引越し会社の作業員のお手伝いもしなければいけないので何かと忙しいと思います。
これから引越しをする場合、電気水道ガスなどライフラインの手続きについて忘れずにやっておかなければいけません。さて、引越し先が同じ局番区域以外なら、電話番号は変更になりますから、なるべく早めに116番に電話をして、移転や番号変更などの手続きをしておきます。電気ですが、引越しをする10日から1週間くらい前に連絡をします。引越しの手続きをしておきます。新居の方の電力会社にも、やはり事前に電話をして、入居時に電力が使えるように手続きします。ガスの引越しの際の手続きは、引越しをする10日前くらいに連絡をして手続きをしておきます。また、引越し先のほうでは、事前にその地域のガス会社の窓口に連絡をして新規契約の申込みをして入居をする日に、作業員が来て開栓、検査をして、ガスを使えるようにしてくれます。引越しの場合の水道ので続きでは、水道局の窓口があるので、事前に移転の手続きをしておかなければなりません。そして引越し先にも同じく連絡をして手続きします。ライフラインや通信の手続きはこんな感じですが、こういったライフラインの手続きは、アパートや賃貸マンションの場合ですと、不動産屋さんのほうでやってくれる場合もありますし、特に自分で何もしなくてよい場合もありますので、それに対して、新築物件に入居をするときは、これら以外にも、必要な手続きがある場合もありますので、事前にしっかりと確認をして、手続きをしておくようにしなければなりませんね。
引越し 宮城県